コミュニケーションツールを悪用した誹謗中傷行為

  • インターネットでの誹謗中傷に遭ったなら

    • インターネットというのは大変便利です。



      世界中のいろんな情報を調べることが出来ますし、一度も会ったことのない人と友達になることが出来るからです。



      上手に活用するなら大変便利で生活の中ではなくてはならない道具です。

      しかし、時にはインターネットで被害に遭うという場合が生じます。
      では、どんな時でしょうか。
      それは、インターネットで誹謗中傷されることです。



      自分がブログで書いたことやTwitterなどでつぶやいたことが原因で、見知らぬ人からコメントのみならず誹謗中傷されるのです。
      しかも全く根拠がなく身に覚えもないのにそういう被害に遭う場合があるのです。

      インターネットの怖いところは、すぐにいろんな人に拡散されることです。



      そのため被害が大きくなる場合があるのです。



      中には被害のために眠れない人もいます。
      では、インターネットで誹謗中傷された場合にはどうすればいいでしょうか。

      いろんな対処方法がありますが、一つはアカウントを変えることです。
      アカウントを変えることによって、被害は減るでしょう。しかしそれでも、新しいアカウントを調べて同じような被害に遭う場合には、一時的にインターネットの使用を中止することです。そして、早めに警察などに相談に行きましょう。
      早めに相談するなら、被害を食い止めることが出来ますし、心の傷も深くならずにすむからです。



      一人で悩むよりも、必ず家族や専門機関に早めに助けを求めるようにしましょう。

  • 関連リンク

    • ここ数年あまりで、急速にインターネットが発達しました。確かにインターネットは調べたいことがすぐに検索できたり買い物ができたりと大変便利なツールで、我々にとっては生活の一部と言っても過言ではないでしょう。...

    • アメリカの大統領選ではネガティブキャンペーンがよく行われます。ネガティブキャンペーンとは、ライバルの候補者に対してマイナスになるような情報を発信し、人気を下げる行為で、一種の誹謗中傷行為といえます。...